カテゴリー
中伊豆ワイナリー

【丸見屋ワインができるまで2021】その③

丸見屋酒店では、中伊豆ワイナリーでオリジナルワインを造っています🍷

主な品種は「ヤマソーヴィニヨン」
日本古来の山葡萄と、カベルネソーヴィニヨンを掛け合わせた
日本固有の赤ワイン用品種です!

2019、2020といい出来が続き、
日本ワイン好きの方にも褒められるまでに成長いたしました。

そして2021年は、ヤマソーヴィニヨンを使って白ワインを造ります!!
ヤマソーヴィニヨンの白ワイン、日本で初めてじゃないでしょうか。ワクワクしています😄

丸見屋酒店のワインができるまでを綴ります🍾

ーーーーーーーーーーーーー

2021年10月5日
白ワインの仕込み②



低温発酵できるタンクに移し替え
酵母を入れるために行ってきました!

澱下げの済んだステンレスタンクから冷却のできるタンクへまずはポンプで移動、澱は18リットルあり捨てました!





スタッフ田川さん手作りの冷却機です!!

そのあと酵母を作るのに時間がかかりました!
43度のぬるま湯に入れてゆっくり溶かします。



1時間半ちょっとかけて酵母を造りタンクに入れてきました!
酵母とワインを少しずつ混ぜて、発酵の具合を確かめます。





今は小豆色、白ワインになるでしょうか?
アルコールは11度を目標にしましたので補糖は、しません!
ワインの糖度は、21度で計算上アルコールは11度になります!

フリーランジュースは、梅味でした。
中伊豆の田川さん曰く 「ヤマソーの持っている香りに梅の香りがあるんだな、改めてヤマブドウとの交配品種の面白さを感じるね」とのコメント!

ヤマソー、好き嫌いは、あると思います!
白ワイン仕立てどのように成長してくれるかとても楽しみです!
日本ではまだありません❣️ 挑戦です❗️

2021年11月7日 中伊豆ワイナリー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です